ウォッシュレットを使った排便は危険!便秘でお悩みの方は肛門科へ

便秘がちな人、ウォッシュレットを使って便意を促すような行為をしていませんか?
もししているようなら、一刻も早くやめることをお勧めいたします。何度も繰り返していると『ウォッシュレット症候群』と言われる症状に陥ってしまうかもしれません。

『ウォッシュレット症候群』とは、ウォッシュレットの水圧で肛門を刺激してから排便するという行為を繰り返した結果、ウォッシュレットなしでは排便ができなくなってしまう症状をいいます。『シャワートイレ依存症』などと言われることもありますが、文字どおりシャワートイレに依存してしまい、自然な排便ができなくなってしまうのです。

自力で排便ができなくなるという症状のほかにも、強い水圧は肛門付近の必要な皮脂まで洗い流してしまい、感染症などの病気にかかるリスクを高めてしまうこともあります。

ウォッシュレットは本来お尻をきれいにするために用いるものです。ウォッシュレットを使った便秘解消は多くの危険を招きますから、ただちにやめたほうがよいでしょう。
便秘やお尻の問題を抱えた方は、肛門科などの専門医がいるクリニックで正しい診察を受けることが症状改善の早道です。
https://www.nico-tama.jp