歯医者探しは痛くないときにしておく!

突然の歯のトラブルの経験、ないでしょうか?

歯の痛みは突然やってきても困りものですが、
それが旅行先や出張先だったりしたら、ひじょうにやっかいです。
さらに海外旅行だったりしたらもっと困りもの。
治療費は高額になりますし、衛生面や技術面でも心配です
とても思い出作りどころではなくなってしまうでしょう。

歯の痛みはとにかく我慢できるようなものではなく、
夜間の歯痛などで救急にかかる方もいますし、
薬局に鎮痛剤を求めて駆け込む方もいます。

しかしこうした歯のトラブルは、
日頃から歯医者に通い定期的な検診を受けていれば、
ほとんどが防げる
ものです。

日本ではまだ予防歯科という意識が低いせいか、
歯医者は痛くなってから行くという人が大半です。
しかし欧米などを見ると、
特にトラブルがなくても日ごろから歯医者に通っている人が多く、
幼い頃から通う習慣ができているのです。

痛みが出てからでは、自分に合った歯医者をゆっくり選ぶこともできません。
痛みのないうちに自分の歯医者さんを見つけ、
定期的にケアを行うことは、
健やかな歯を保つために大切なことです。

越谷市には救急治療にも対応した歯医者があります。
精密歯科治療から無痛治療まで幅広い年代の方に対応しています。
https://hiro-shikaiin.com/

三鷹にある歯医者さんは予防歯科で歯を改善!

日本人が歯を失う原因の第一位。
それは虫歯ではなく歯周病です。

テレビCMや広告などではよく聞く歯周病ですが、
よくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

歯周病は簡単に言うと、
歯と歯茎の間に歯垢(プラーク)が溜まることで、
歯肉が炎症を起こしてしまう病気です。

炎症と言うと軽く聞こえてしまう方もいるかもしれませんが、
歯周病は全身に影響を及ぼす怖い病気なのです。
歯垢0.001gの中には実に100億個もの細菌がいます。
この細菌によって炎症が起こるのですが、
口腔内の細菌が気管支に入ったり、
血管から全身に広がる場合もあり、
さまざまな病気を引き起こすことがあるのです。

歯周病の進行は自覚症状がなく、
気付いたときには悪化していることも少なくありません。

こうした歯周病を防ぐためには、
毎日の歯磨きが大切なのはもちろん、
歯科医による定期的なケアが欠かせません。

歯垢が硬化した歯石は歯科医でしか除去できませんし、
歯茎の溝を測ることで歯周病を推測することもできます。
歯科医療も従来の治療から予防へと重きが置かれるようになり、
予防歯科として広がりつつあります。

定期的に歯科医でケアを受けることは、
自分の歯を健やかに保つためにも非常に有効なことなのです。
予防歯科と治療の連携で歯を守る歯科クリニックはこちら。
http://www.mitakakitaguchi-dc.com/

痛みの少ない歯医者さんで、子どもも泣かない治療を

お子さんを歯医者に連れて行くことは、
なかなか手のかかることではないでしょうか。

なだめたり、違うところに連れ行くとウソを言ったり、
ごほうびをチラつかせたりして連れて行く・・・
そんな親御さんも多いかと思います。

これは世間的に浸透してしまっている歯医者のイメージ・・・
痛い、怖い、とったネガティブなもののせいですよね。
キーンという機器の音や、歯を削る音、麻酔の注射、
確かに大人でも怖さを感じるものです。

そんな歯科治療に、
子どもも泣かない『痛みの少ない治療』
モットーにしている歯医者さんが山口市内にあります。
お子さんが歯医者への苦手意識を持たぬよう、
痛みを和らげるさまざまな工夫をしているのです。
麻酔針を使う時の配慮や、
最新のレーザー治療により
患部に直接触れることなく治療ができるのです。

そして何より大切なのが、
幼少の頃から歯医者に行って慣れておくことです。
痛みがなくても小さな頃から定期的に歯科検診を受けていれば、
歯医者は決して痛いところではないことがわかります。

こちらの歯医者さんは完全個室完備で、
ベビーカーごと入れるのも嬉しい配慮です。
大切なお子さんの歯科治療にオススメの歯医者さんです。

http://familydc-yamaguchi.com/

看護師さん、歯科衛生士さんが足りない??

医療現場では、いま、看護師さん、歯科衛生士さん不足なようです。
どちらも即戦力という意味では、危機的な状況みたいですね。

例えば、歯科衛生士さんに限っては、
歯科医院の多さも関係してくるかもしれません。
以前はそれほど感じなかったですが、最近、歯科医院数も増えているので、スタッフ数を確保する必要がございます。
しかし、歯科医院と歯科医師数は多くても、歯科衛生士は少なくてバランスが取れない状況みたいです。
歯科衛生士さんは今、引く手あまたで、職場を選び放題だとお聞きします。

給与面でも、若干改善されているようですね。
今後、医療機関に就職を考えられている方は参考にしてもらえると嬉しいです。

あと、看護師さんの職場環境も見直しする必要があるかもしれません。
シフト制の労働環境も、仕方のない事かもしれませんが、現在の国の方針みたいなものとズレが生じているように感じます。
看護師の極端に数を増やすことも、リスクがありますし、難しい所ですが、
改善することは必須だと思います。

https://hiro-shikaiin.com/

武蔵小杉タワープレイスにある医療機関

武蔵小杉駅近くにある小杉タワープレイスをご存知ですか?
商業施設や医療機関が入った商業・オフィスビルです。

私はここのビル内にある事務所で働いてます。

最近、武蔵小杉エリアは高層マンションの建設ラッシュで、
人口も多くなってきています。
だから、ショッピングできる施設やクリニックも本当に充実しているんです。
武蔵小杉タワープレイスの中でも本当に充実していて、
ビル内で全てまかなえるほどだと思います。
恐らく、富士通さんが母体?になっているのだと思います。

充実している施設の良さを実感する時があります。

それは、仕事中、急に体調が悪くなったときも、
メディカルモール内の内科クリニックに行きましたし、
仕事やプライベートで使う郵便局だってあります。

話はそれていますが、
以前の職場では田舎の工場だったので、
どこに行くにも車が必要でした。
あの時の生活が懐かしいですが、都会は便利ですね。

駅から歩いてすぐの場所に職場があることに毎日感謝の気持ちで生活しています。

https://clinic-kosugi.net/

歯の少ない人は認知症になりやすい!?歯科医に通ったほうがいい理由

歯の少ない人は認知症になりやすい
そんなデータがあるのをご存じですか?

認知症に対しては国レベルで対策が講じられていますが、
そんな中、認知症と歯の数にも着目し調査研究がされています。

厚労省研究班の調査によれば、
認知症と歯の残存数にはあきらかに関連性があることがわかったのです。

65歳以上の4500人を調査した結果では、
歯が20本以上ある人にくらべ、
歯がほとんどなく義歯も未使用の人の認知症発生リスクは
およそ1.9倍高い
ことがわかりました。

さらに東北大学の調査においても、
歯の少ない人は、
脳内の記憶や学習能力にかかわる海馬や、
意志や思考をつかさどる前頭葉、
こういった部位が委縮していることが明らかになったのです。

高齢になっても健康な歯を持ち、維持することは、
認知症の予防にひじょうに効果的なこと
だと言えるでしょう。

そのためには日頃からの歯のケアがひじょうに大切になってきます。
日本人が歯を失う2大原因が「虫歯」と「歯周病」です。
これらを防ぐためには、歯科医による定期的なケアが欠かせません。

特に日本人は痛いときだけ歯科医に行く傾向があり、
予防という意識で定期的に通う人はまだ少ないようです。

症状がないから大丈夫と思わず、
歯科医による定期的な検診を受けて、
生涯自分の歯で過ごせるようにしてほしいと思います。

予防歯科から審美歯科、
お口の悩みに寄り添う歯科医院があります。
https://fujishika.org

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !