症状が出てない時の喘息検査、意味があるの?

喘息の症状は夜間に出やすく、日中は何も問題がないように見えることもあります。そのため日中に検査しても意味がないのでは?と思う方もいるようですが、検査を行うことで喘息特有の変化や肺機能の低下がみられることがあります。

喘息の診断には明確な決め手となる検査や数値がありません。ですからいくつかの検査結果や診察から総合的に判断されることになるのですが、問診の次に多く行わるのが、肺の容量や吐く息のスピードから呼吸機能をみる「呼吸機能検査」です。スパイロメーターという機械を使い、息を大きく吸ってから吐く作業を行うのですが、この吐く息と速さにより、病気によって特徴的な曲線が出るため、病気の有無や種類を推測できるのです。これは診断のためだけでなく、治療方針の決定や治療効果をみるためにもおこなわれます。

また喘息はアレルギーがかかわっていることも多いため、アレルギーの有無は診断の助けにもなりますが、それが決め手となるわけでもありません。他の検査結果も見て総合的に判断がされるのです。
以上のような検査は呼吸器気の専門医療機関で行うことができます。気になる症状をお持ちの方は呼吸器内科などの専門医を受診されるとよいでしょう。
https://www.okino-clinic.com/

「食べたい」を我慢しなくなる、新ダイエット法!!

食べる量が増えれば太り、減れば痩せる。シンプルなことです。ただ実行すればいいはずなのに、現実は思い通りにいかないもの。食事というのは一つの習慣ですから、これまでの行動を脳もお腹も覚えていて、変わることに抵抗を覚えてしまうのは否めません。

痩せることを目的とするダイエットですが、多くの人にとって障壁になるのが食事、食欲でしょう。たとえ日中は食欲を抑え我慢することができても、夜中お腹が空いて目が覚めてしまうという話もよく聞きます。夜食を食べたら前より太ってしまったなどという笑えない話もあるくらいで、我慢した反動が出てきてしまうということでしょうか。

「食べない」ということを我慢することなく、ストレスフリーで実践できれば、ダイエットには大きな効果となるはず。それが『GLP-1メディカルダイエット』です。GLP-1とは私たち誰もが体内に持っているホルモンですが、その働きは食欲を抑えてコントロールすることにあります。事実、痩せている人はこのホルモンの分泌量が多く、自然と適量で満足するようになっているのです。
食欲に振り回されないダイエットを試してみませんか?
https://shigeto-cl.com

「負の力」で人生を生きやすくする

人生を生きやすくするには、「負の力」も大切なのではないでしょうか?
情報過多で忙しい現代社会において、ポジティブ思考や積極性といった「正の力」が求められがちです。しかし、この不確かで不条理な世の中を生きていくためには、「負の力」もそれ以上に大切な力となりうるのではないでしょうか。

精神医療の世界でしばし活用されている概念に「ネガティブ・ケイパビリティ」というものがあります。これは「消極的能力」とか「否定的能力」などと訳される言葉で、イギリスの詩人ジョン・キーツが記述したものです。わからないもの不確かなものをそのまま受け入れる能力であり、答えのない事態を耐え生きぬく力とも言われます。わかったふりをしない、無理やり答えを出さない、この考え方は今、教育や医療の現場でも注目されているのです。

人はとにかく早急に答えや解を求めがちです。その過程で、無理に理論を当てはめたり、自分に都合よい解釈をしたりしていないでしょうか。
精神科や心療内科ではマニュアルが通用しない例も少なくありません。医師が理論を当てはめるのではなく、患者と相互に模索していくものです。答えの出ない状態にとどまり続けること、それもまた大切な力ではないでしょうか。

https://www.kk-c.com

性病検査ではどんなことが行われるの?

性病検査の診察

医師が直接膣や陰部を目で見て、状態から病気を探ります。
性病の中には目で見える症状がはっきり現れるものもあるので、性病検査には欠かせません。
恥ずかしいでしょうが、医師は診察に慣れています。隠さずにきちんと診察を受けてください。
肛門に指を入れて調べる直腸診や、女性なら膣に膣鏡という器具を入れて内部を調べる内心なども、必要に応じて行われます。

尿や血液から性病検査

性病検査で行われるのは血液検査と尿検査です。
血液検査では梅毒、HIV、肺炎ウイルスに感染しているかどうかがわかります。
尿検査では淋病やクラミジアに感染しているかどうかがわかります。
特定の病気のみ検査することもできますし、2〜5種まとめて性病検査をしてもらうこともできます。
また、性病によっては性器以外にものどが感染していることもあります。のどの性病感染は最近増えてきています。きちんと治療しないと、オーラルセックスで相手にうつしてしまうので、思い当たる方は、のども性病検査してもらってください。

https://www.private-clinic.jp/

同じ病気なのに薬が違う?漢方医学の「同病異治」を実践する目黒区の内科医院

『同病異治』という言葉があります。
これは同じ病気であっても治療法が異なるということです。

仮に二人の患者さんがいて同じ病気だったとします。基本的には同じような薬を処方し、同じような治療法をとるのが西洋医学です。しかし漢方医学では同じ病気であっても、同じような治療法をとるとはかぎりません。なぜなら同じ病気であっても患者の体質や病気になった背景はひとりひとり違うから。これが漢方医学の考え方なのです。

漢方医学では『病気を診るのではなく、病人を診る』と言うのですが、病気そのものでなくその患者さんの人生までも含めて診るといいます。ですから検査で異常が見られない、といったような場合でも治療を施すのはもちろん、患者さんの訴えや普段の生活を重視して統合的に回復を目指すのが漢方医療なのです。

ですから処方される漢方薬も患者ひとりひとりに合ったオーダーメイド処方です。
そんな漢方医学と西洋医学を組み合わせて治療を行っているのが目黒区にある内科医院。早くから漢方治療を取り入れることで、患者さんのさまざまな症状に対応しています。他の病院で異常がみられないと言われた方、一度相談してみるのもいいかもしれません。
http://www.sono-cl.com/

ウォッシュレットを使った排便は危険!便秘でお悩みの方は肛門科へ

便秘がちな人、ウォッシュレットを使って便意を促すような行為をしていませんか?
もししているようなら、一刻も早くやめることをお勧めいたします。何度も繰り返していると『ウォッシュレット症候群』と言われる症状に陥ってしまうかもしれません。

『ウォッシュレット症候群』とは、ウォッシュレットの水圧で肛門を刺激してから排便するという行為を繰り返した結果、ウォッシュレットなしでは排便ができなくなってしまう症状をいいます。『シャワートイレ依存症』などと言われることもありますが、文字どおりシャワートイレに依存してしまい、自然な排便ができなくなってしまうのです。

自力で排便ができなくなるという症状のほかにも、強い水圧は肛門付近の必要な皮脂まで洗い流してしまい、感染症などの病気にかかるリスクを高めてしまうこともあります。

ウォッシュレットは本来お尻をきれいにするために用いるものです。ウォッシュレットを使った便秘解消は多くの危険を招きますから、ただちにやめたほうがよいでしょう。
便秘やお尻の問題を抱えた方は、肛門科などの専門医がいるクリニックで正しい診察を受けることが症状改善の早道です。
https://www.nico-tama.jp

ストレッチでバストアップできる?美しいプロポーションは正しい姿勢から。

プロポーションを美しくしたいという願望は
多くの女性が持つものだと思います。

その手段の一つとしてあげられるのがストレッチ

残念ながら明確な意味では、
ストレッチでバストアッップすることはありません。
しかしストレッチによる正しい姿勢が、
バストアップした印象を与えることは十分に可能です。

逆に言えば、同じサイズの女性が二人いた場合、
その姿勢により印象は大きく変わってくるということです。

バストアップの印象を与えたいのであれば、肋骨周辺のストレッチ。
肋骨の動きがスムーズになることで胸郭上がります。
胸郭が上がった美しい姿勢がバストアップの印象を与えてくれます。

またヒップアップした印象を与えたければ、
腸腰筋やハムストリングのストレッチです。
骨盤を前傾させることで、軽く反ったような姿勢になり、
ヒップアップした印象を与えるでしょう。

このようにストレッチには美しい姿勢を保ち、
プロポーションを美しくする効果があるのです。

そうした正しいストレッチを指導しているのが、
江東区にあるストレッチ専門店
所属トレーナーは全員が有資格者ですから、
正しい知識と技術を持っています。

スポーツジムも併設されているようなので、
本格的なバストアップをしたいなら、筋トレも併せると効果的ですね。
https://www.t-polum.jp/stretch/

痩せる実感!痩身注射。安心して受けるなら新宿の痩身専門クリニック!

海外セレブリティが絶賛する!
それほど効果が実感できる痩身施術をご存知ですか?

知っている人は知っている、
それは「痩身注射」

そして新宿にオープンした痩身専門クリニックの痩身注射なら・・・

ダイエットしているのに全然痩せない、
食事制限もしているのに全然痩せない、
そんなダイエット失敗者も続々と減量に成功しているのです。

痩身注射は脂肪溶解注射とも言われるように、
痩せたい部位に注射することで、
脂肪を液化させ尿として排出させるものです。

しかしこちらのクリニックで扱うオリジナルの痩身注射は、
他の美容外科が扱うものとは成分が異なります。
従来の痩身注射に見られた、
「痛み」や「皮ふの硬化」といった副作用もクリアしていて、
なおかつ皮下脂肪への効果が高いものです。

傷跡も残りませんし、体への負担も少なく
安心して受けられるものです。
もちろん医療機関ですから、医師が在中しているのも安心です。

芸能人・著名人も活用する痩身専門クリニック。
あなたも体験してみませんか?
HPはこちらから。
https://8bc.jp/

銀座の不妊治療クリニックが考える治療を受けるタイミングは?

不妊治療を考えている、
もしくは受けようか悩んでいる、
そんなカップルも多いのではないでしょうか。

銀座にある不妊治療クリニックでは、
月一回の無料不妊セミナーを開催しています。
そういったイベントに参加してみるのもいいかもしれません。

このセミナーでは、妊娠のプロセスから、
不妊治療の検査・治療のうえで必要なことなどを
わかりやすく説明してくれます。

勘違いしている方もたまにいるのですが、
不妊症とは病気や異常というわけではなく、
一定期間妊娠しない状態を指しているだけです。
その期間は1年間と定義されていますが、
そこに不妊の理由や検査結果は問われていないのです。

特に女性の身体は年齢を重ねるほど妊娠しづらくなります
現在の不妊治療が増加している理由も
晩婚化により初産の年齢自体が上がっているからなのです。

ですから「早く赤ちゃんが欲しい」と考えているのなら、
クリニックを訪れるタイミングはいつでもかまわないのです。

まずは無料不妊セミナーで、
不妊治療について学んでみませんか?
ベテランの専門医がサポートしています。
https://haruneclinic.com/

福岡の不妊治療専門施設は安心価格制度!少しでも経済的負担を減らしたい方に。

不妊治療はお金も時間もかかるもの・・・
というのが一般的な認識です。
そんな患者の負担を少しでも軽くするよう、
安心成功保障制度を採用しているクリニックも出てきました。

費用の面から不妊治療を敬遠しているカップルにとっては、
少しでも助けになるのはありがたいことですね。

今や6組に1組は何らかの不妊治療を受けたことがあるそうです。
不妊治療を受ける人は近年増加していますが、
その原因にあるのが晩婚化・晩産化です。

特に女性の場合、
高齢になると妊娠しづらくなるという動かしがたい事実があります。
2014年の厚生労働省の調査でも
女性の初産平均年齢は30.6歳と、30歳を上回っています。
晩産化は先進国共通の課題ですが、
初産年齢が30歳以上という国は数えるほどしかありません。

しかしながら、妊娠しづらいだけで、妊娠しないわけではありません。
同調査では40歳以上で初産した女性の割合は約4.1%。
約20,000人の女性が40歳以上で初産しているのです。

日本ではなるべく自然に・・・という風潮がありますが、
不妊治療は早ければ早いほど、その効果も高まります
少しでも関心があれば、
気軽にクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。
http://saitoivf.com/